政府が県と約束した普天間飛行場の5年以内の運用停止まで、18日で残り「3年」となる。2013年12月に仲井真弘多知事(当時)が埋め立て承認の事実上の条件として政府へ要請し、安倍晋三首相は「できることはすべてやる」と取り組む姿勢を示した。だが、一向に実現性が見えないのが現状だ。