名護市辺野古の新基地建設に伴い2009年に沖縄防衛局がまとめた環境影響評価(アセスメント)準備書のジュゴンに関する内容について、米国防総省の専門家チームが不適切との指摘をしていたことに防衛省は18日、「16年に正当とする最高裁判所の判決が出ており、問題ない」との認識を示した。