観光庁は3月30日付で、沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)を経営的な視点で地域観光を担う国認定の法人「日本版DMO」(デスティネーション・マネジメント・オーガナイゼイション)に登録した。日本版DMOのうち「広域連携DMO」としての登録は県内初で、全国7例目。