大学生などの若者を狙った「名義貸し」の被害が県内で広がっている問題で、名義貸しを主導したとされる男性の財産状況などについて説明する第1回債権者集会が18日、浦添市内で開かれた。男性は債権者に謝罪の言葉を述べ、破産管財人が財産状況の調査結果を報告。