【西表島=竹富】西表の大自然の中を走る「第23回竹富町やまねこマラソン」(主催・町体育協会)が13日、上原小学校発着で行われた。3キロ、10キロ、23キロのコースに1250人が参加した。

豊かな自然の中を走るランナー=西表島、浦内橋

 スタート時は気温30度になる真夏日の中、1188人が完走し、完走率は95%だった。

 北は北海道からもランナーが訪れた同大会。23キロのコースは前半は強い向かい風もあり、ランナーは給水所で頭から水をかぶり、首もとを冷やしながら海や川、山が望めるコースで歩を進めた。

 23キロは、小林洋さん(37)=小浜島=が自身初の2連覇を達成した。

 向かい風の前半はトップ3選手で我慢の走り。追い風の後半は温存した力を出して17キロ地点でトップに。「連覇はしたことがないので、気力でゴールした。この年齢でもまだ行けるから、マラソンはやめるにやめられない」と満面の笑みを浮かべた。