那覇市は4月から、小中学校の給食費を月額200円値上げする。18日の市議会2月定例会で、田端一正学校教育部長が翁長俊英市議(公明)に答えた。食材費の高騰や消費税の増税が理由。生活保護受給世帯や生活困窮世帯については、市の就学援助で給食費は全額補助されている。

 今回の値上げで、給食費は小学校で月額4300円が4500円に、中学校で4800円が5千円に上がる。食材費の高騰で摂取基準を満たす献立の作成が難しく、保護者や学校長らで構成する委員会で適正額を検討し1食単価11円、月200円の値上げを決めた。

 2014年度の給食費の納付率は小中学校合わせて98・6%。就学援助は市内の小学校で約24%、中学校で約30%を占める。