名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前では19日午前11時現在、新基地建設に反対する市民ら約50人が集まり、工事車両の進入を阻止しようと座り込みを続けている。

市民らが掲げた横断幕を取り外す機動隊員=19日午前10時、名護市辺野古

 これまでに午前6時55分と9時55分の2回、約100人の機動隊員が市民らを排除し、その間に大型ミキサー車やダンプカーなど約10台の進入が確認された。

 午前10時にはゲート向かい側の柵に市民らが掲げていた「警視庁はヤマトに帰れ」などと書かれた横断幕を機動隊が取り外した。

 海上ではこれまでに作業は確認されていない。