名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らが、本部港塩川地区で使用されている石材搬送のダンプカー38台に違法があるとして沖縄総合事務局に指導を求めていた件で、総事局は19日までに、道路運送車両法の保安基準に適合しない車両30台を確認し、使用者に対して警告はがきを送っていたことが分かった。