【東京】島尻安伊子沖縄担当相は19日の閣議後会見で、大阪市の米映画テーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の運営会社(ユー・エス・ジェー)が、県内での新たなテーマパーク計画について撤回を含め検討しているとの報道に関し、「撤退を検討しているというのは現時点で聞いていない」と述べ、正式決定ではないとの認識を示した。

島尻安伊子沖縄担当相

 内閣府は、USJの進出を見込んで、来年度の沖縄関係予算案で北部地域の調査事業費として約1億2千万円を計上している。島尻氏は「現時点では調査を実施するという方針に変更はない」との考えを示した。

 その上で、USJ側の進出に関して、「政府として全面的に協力をするといった従来の方針に変わりはない」と強調。USJ側と県の協議の推移を見守りたいとした。