学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡り、愛媛県職員や学園関係者らが2015年4月2日に柳瀬唯夫首相秘書官(当時)と面会する予定を記した内閣府からのメールが文部科学省で見つかったことについて、同府の笹川武大臣官房総務課長は20日の野党合同会合で、面会が事実との「見方が強まった」と述べた。

 「加計学園」問題を巡り開かれた野党合同ヒアリング=20日午後、国会

 メールの内容は、面会のやりとりを県が備忘録として作成したとする文書と符合した。野党は面会を否定する柳瀬氏の説明は虚偽とみて追及を強め、証人喚問を要求。一方、与党は参考人招致とする方針を譲らず平行線のままだ。柳瀬氏は20日「国会で呼ばれたら、誠実にお答えしたい」と語った。(共同通信)