優れた芸術活動および芸術文化の向上に業績があった個人・団体を顕彰する第50回沖縄タイムス芸術選賞の贈呈式と祝賀会が20日、那覇市のパシフィックホテル沖縄で開かれた。芸能・美術・工芸などの10部門から選ばれた大賞16人、奨励賞20人、功労賞5人に、豊平良孝社長が賞状、賞牌(しょうはい)などを贈った。

第50回沖縄タイムス芸術選賞の受賞者=20日、那覇市・パシフィックホテル沖縄

 式典では文学部門(短歌)大賞の新城貞夫さんが受賞者を代表してあいさつ。「人はそれぞれに一芸がある。その個性に気付くかどうか、個性を見いだす人や団体があるかが大切。さらに文化の発展に寄与していこう」と多くの人への感謝と抱負を述べた。

 豊平社長は「27年間の米軍統治下で、失いかけた人権や誇りを支えたのが文化。この受賞にとどまらずに自らを磨き、後輩を育ててほしい」と期待を寄せた。