【沖縄】任期満了に伴う沖縄市長選が22日、投開票される。新人で前市議の諸見里宏美氏(56)=社民、共産、社大、自由、民進、希望推薦=と2期目を目指す現職の桑江朝千夫氏(62)=自民、公明、維新推薦=の両候補は20日、市内各地で遊説を繰り広げた。県外から知名度の高い国会議員らも応援に参加。浮動票の取り込みに全力を挙げた。

市政奪還を訴える諸見里宏美氏(左)と市政継続を訴える桑江朝千夫氏

市政奪還を訴える諸見里宏美氏(左)と市政継続を訴える桑江朝千夫氏

 諸見里氏は胡屋十字路で遊説し「待機児童ゼロを目指し、ハコ物ではなく市民の暮らしを応援したい」と訴えた。立憲民主党の阿部知子衆院議員も駆け付け待機児童問題を中心に演説。「諸見里さんなら母親や子どもたちに寄り添う政治ができる」と期待した。

 桑江氏は市役所前で遊説し、「沖縄市の税収をもっと上げて社会福祉に充てたい」と強調した。自民党の小泉進次郎衆院議員も駆け付け「桑江さんと手を取り合って、市民生活の向上をさらに進めていくきっかけの選挙にしよう」と呼び掛けた。

 21日午後6時から、諸見里候補はコザ十字路で、桑江候補は胡屋十字路で、それぞれ打ち上げ式をする。

 20日までの期日前投票者数は1万2078人で、前回と比べて3405人増えている。選挙人名簿登録者数は14日現在、11万171人(男性5万2496人、女性5万7675人)。