100人にかりゆしウエアが当たるチャリティー抽選会(主催・めんそーれ沖縄県民運動推進協議会、県、沖縄観光コンベンションビューロー)が20日、那覇市のてんぶす那覇前で開かれた。沖縄国際映画祭と連携したイベントで、沖縄県出身お笑い芸人のスリムクラブが、県民や国内外からの観光客にかりゆしウエアの着用を呼び掛けた。

かりゆしウエアの魅力をPRする県ホテル旅館生活衛生同業組合の中村聡専務理事(左から2人目)と嘉手苅孝夫県文化観光スポーツ部長(同3人目)、スリムクラブの2人(両端)=20日、てんぶす那覇

 かりゆしウエア着用キャンペーンの一環。1回100円の寄付でくじを引き、好きなサイズやデザインのかりゆしウエアを選んだ。寄付金は県交通遺児育成会に贈られる。

 那覇市の与古田千賀子さん(51)は「3回も並んだ。早速帰って洗濯してあした職場で着る」と笑顔だった。愛知県から訪れた長谷川宜之さん(37)一家は「残念ながら当たらなかったが、着てみたいと思った」と興味を示した。

 県文化観光スポーツ部の嘉手苅孝夫部長は「観光やビジネスで訪れた県外、国外の方にもかりゆしウエアを着て沖縄をもっと感じてほしい」と期待した。

かりゆしウエアの魅力をPRする県ホテル旅館生活衛生同業組合の中村聡専務理事(左から2人目)と嘉手苅孝夫県文化観光スポーツ部長(同3人目)、スリムクラブの2人(両端)=20日、てんぶす那覇

……………………………………………