直近の目撃情報を基に、宜名真海岸に広がる荒磯からアーラミーバイを狙った銘苅佑斗さん。7日午前3時に釣り場に到着。10キロを超すアーラ専用の大物竿(さお)に加え、5キロ未満を想定したタマン竿(7号)を用意した。 頑強なピトンで固定したタックルで水深15メートルの海底に冷凍ボラの餌を落とし込んだ。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。