【東京】プロの料理人による県産食材を使った和食料理セミナー(協賛・JA沖縄)が19日、東京・大手町のJAビルであり、約40人の参加者が一流の料理人による家庭での簡単レシピを学んだ。

沖縄県産食材を使った和食料理を紹介する講師の野永喜三夫さん=19日、東京都内

 講師の老舗料理店「日本橋ゆかり」三代目の野永喜三夫さんが「ゴーヤー、島らっきょうとアグー豚のうまみそあえ」と「マンゴーのココナツヨーグルトプリン」を調理。島らっきょうは丁寧に洗って薄皮をむくことや、ゴーヤーは薄切りにすることで火が通りやすく苦みが抑えられることなど、普段は使い慣れない野菜の下ごしらえのこつを伝授。野菜とアグー肉は中火でゆっくり炒めることで、アグー肉からの油分がうまみとなって、おいしさが増すと解説。代替できる食材や調味料などを挙げて、家庭でもできるアレンジ方法なども紹介していた。

 参加者らは、野永さんの料理を堪能しながら、講座に耳を傾けていた。