DeNA3年目の嶺井博希は、七回から2番手でマスクをかぶった。 この回から登板の田中健二朗をリードしたが、先頭の4番ギャレットに初球を中越えに痛打され、無死二塁のピンチを招いた。2打者をフライアウトにしたが、7番大田泰示の打ち取った当たりが三塁手と左翼手の間に落ち、1点を失った。