中日右腕の又吉克樹は七回から4番手で登板し、1イニングを1安打無失点に抑えた。「課題も見え、やりたいこともできた。そういう意味では良かった」と振り返った。 先頭の5番指名打者、高浜卓也に初球を右前に運ばれたが、6番平沢大河を三振、盗塁も阻止しダブルプレーに仕留めた。7番細谷圭は右飛に打ち取った。