【名護】プロ野球日本ハムを応援する企業5社でつくる「なごに雪プロジェクト実行委員会」は20日、キャンプ地名護市の全幼稚園、保育園計58園に絵本を贈った。

稲嶺市長(右)に絵本を贈る村田委員長=20日、名護市営球場

 絵本は昨年末に発売された「もりのやきゅうちーむふぁいたーず」。選手会がアイデアを出し、大谷翔平投手をモデルにしたキリン、中田翔選手のゴリラなどが登場する。

 村田正敏委員長は「過去3年間雪をプレゼントしてきたが、ことしは趣向を変えた。読んだ名護の子どもたちが10、20年後に北海道との懸け橋になってくれれば」と願った。実行委は全日空、サッポロビール、日本ハム、JR北海道、北海道新聞社で構成する。栗山英樹監督は「絵本にはチームと北海道のメッセージが詰まっている」と語った。稲嶺進市長は「野球や北海道の生活にイメージが膨らむと思う」とお礼した。