名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では21日午前、新基地建設に反対する市民らが座り込むテントの前に、機動隊が車両の駐停車を防止するための鉄柵を設置した。

車両の駐停車防止を理由に鉄柵を設置する機動隊=21日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前

 機動隊約50人は午前9時から約50分にわたり、テント前の国道329号の区間約30メートルに設置。鉄柵をひもで結び、土のうで固定するなどしていた。

 作業の様子を見ていた市民らと機動隊との間で小競り合いもあった。抗議していた男性は「突然のことで驚いた。嫌がらせとしか思えない」と話した。