【石川達也通信員】ブラジル南城市民会(新里哲夫会長)は1月31日、サンパウロ市ジアデマ区の沖縄文化センターで、「創立10周年記念祝賀会」と「第6回敬老会」の記念式典を開催した。沖縄から南城市の古謝景春市長、大城悟市議会議長らが来伯。会場は400人を超す参加者で満杯となった=写真。

ブラジル南城市民会の皆さんと古謝景春市長ら慶祝団=サンパウロ市

 式辞で新里会長は「10年というのは会の歴史としてまだ浅い。絆を永久に結び、これからも南城市とブラジルのために頑張る」と力を込めた。

 古謝市長は観光地として200万人以上を集める同市について説明。「南城市民会の方々には今後も会員相互の交流と、若い世代への沖縄文化継承にご尽力をお願いしたい」と述べた。

 サンパウロ市議会から古謝市長、大城市議長、新里会長へ表彰プレートが贈られ、古謝市長からは同市民会へ寄付金が贈呈された。

 沖縄県人会の与那嶺真次元会長が「今日の喜びを記念してビーバ!」と乾杯の音頭をとり、懇親会を楽しんだ。敬老者表彰式では80歳以上に記念品が贈呈され、古謝市長が「皆さまはうちなーんちゅとして多大な貢献をしてこられた」と労をねぎらった。