6月24日の「うたの日」に合わせ、18回目となる「沖縄からうた開き! うたの日コンサート2018in嘉手納」(主催・同実行委員会)が沖縄県嘉手納町兼久の海浜公園で開催される。BEGIN(ビギン)の3人らが20日、町役場に當山宏町長を訪ね、コンサートの企画書を手渡した。

「うたの日コンサート2018in嘉手納」に来場を呼び掛けるBEGINのメンバーら=20日、嘉手納町役場

 ビギンの比嘉栄昇さんは「今年は発想を変え、メインの出演者はお客さま一人一人。僕らは盛り上げる裏方として最善を尽くす新たな挑戦をしてみたい。踊って歌って楽しんで達成感を得られる日にしたい」と意欲を語った。

 町での開催は6回目で、當山町長は「ビギンの皆さん、お帰りなさい」と笑顔。「うたの日の開催が音楽のまちを目指す嘉手納の大きな後押しになる。来場者と一体になったステージを期待している」と喜んだ。

 ビギン以外の出演者は調整中という。問い合わせは実行委事務局(ピーエムエージェンシー内)、電話098(898)1331。