9秒でまるわかり!

  • 辺野古の基地建設断念を求め過去最多2万8千人が国会を包囲した
  • 「基地のために海を埋めないで」と参加者が手をつなぎ“人の鎖”
  • 札幌や仙台など全国8カ所の集会でも政府の強行姿勢を批判した

 【東京】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設に反対する「2・21 止めよう!辺野古埋め立て」の集会が21日、東京など全国9カ所で開かれた。東京では参加者が手をつないで国会を取り囲む「国会大包囲行動」があり、「新基地建設絶対反対」「辺野古の海をつぶすな」などと訴えた。国会包囲は昨年9月以来4回目で、2万8千人(主催者発表)が参加した。前回を約6千人上回り、これまでで最多の人数となった。

辺野古への新基地建設反対を訴え、国会を人間の鎖で包囲する参加者たち=21日午後3時45分ごろ(大野亨恭撮影)

 沖縄からは稲嶺進名護市長やヘリ基地反対協議会の安次富浩共同代表らも参加。稲嶺市長は「政府は『辺野古しかない』と強引に埋め立て工事を進めようとしているが、正義と道理はわれわれにある」とあいさつした。

 安全保障法制の廃止で合意した国政野党の国会議員らも登壇し、安保法制廃止とともに、新基地建設反対でも協力していく考えを示した。

 国会周辺の歩道では、辺野古の海をイメージした青の衣類などを身に着けた人たちが一帯を埋め尽くし、「沖縄の民意に従え」「普天間を即時閉鎖しろ」と声を上げた。

 宜野湾市出身でシールズ琉球の中心メンバーの元山仁士郎さんのコールに合わせて、参加者が“人の鎖”をつくって国会包囲を成功させた。

 この日は札幌、仙台など8カ所で集会が開かれたほか、23日にも京都、大阪などでもある。開催場所は20日からの集会を合わせ全国15カ所となる。