沖縄県の富川盛武副知事と、謝花喜一郎副知事は23日午前11時半、県庁で記者会見を開き、膵臓(すいぞう)に腫瘍が見つかり、休養している翁長雄志知事が21日に手術を受けたと正式に発表した。富川副知事は、腫瘍のある膵体尾部を切除する外科的治療で「予定通り順調に終了した」と説明した。

翁長雄志知事の手術結果などを説明する富川盛武副知事(左)と謝花喜一郎副知事=23日午前、県庁

 腫瘍の切除を終え良性か、悪性かについては顕微鏡による細胞検査で約2週間後に最終的に判断されるという。妻の樹子さんによると「医療スタッフが驚くほど元気で、会話し、歩けるほどだ」と説明があったという。

 公務復帰の見通しについて、富川副知事は「回復やリハビリを含め総合的に判断する。医師と相談し、同様の手術を受けた患者の場合、4~5週間の入院後に退院することが多い」と話した。

 また、知事が任期中に行うとしていた名護市辺野古新基地建設問題の埋め立て承認撤回については「知事の意志は固い」として公務復帰後に判断する見通しを示した。

 県は翁長知事の「県民の皆さまには私の体調面でご心配をおかけしました。1日も早く公務復帰するため、回復に向けたリハビリに取り組み、県民の皆さまにお会いし、元気な姿をお見せしたい」とコメントを発表した。知事は現在、集中治療室(ICU)で治療を受けており、22日にはベッドから起き上がるなど、リハビリに励んでいるという。