琉球銀行、沖縄銀行、沖縄海邦銀行、コザ信用金庫の県内4金融機関などが、クレジットカードや電子マネーなどを支払いに使う「キャッシュレス化」や、そこで得られる消費データの利活用促進に向けて連携する「沖縄決済コンソーシアム」を立ち上げる。