名護市議会の宮城弘子議長らは20日、沖縄防衛局を訪ね、軟弱地盤や活断層の問題が指摘される名護市辺野古の新基地建設に関連する地質調査データの全面公開や工事の一時中止などを求める意見書を提出した。