クレジットカードや電子マネー、スマートフォンを支払いに使う「キャッシュレス化」による県民、訪日客の利便性向上や消費拡大に向け、県内の金融機関が連携する。現金の扱いが減れば、銀行側はコストを抑制できる。