沖縄振興開発金融公庫(川上好久理事長)は20日、2017・18年度の設備投資計画についての調査(3月)を発表した。18年度計画は県内の好景気を反映し、全産業で1492億5800万円。前年度の実績見込みに比べ5・3%増え、4年連続の増加となった。