【浦添】市当山区の平敷キミ子さん(63)の庭にアオギリ科のピンクボールが咲きそろっている。別名ドンペアで、原産地はマダガスカル。約20年前、市販の苗木を植えたところすくすくと成長した。友人たちは花の形状が日本髪にさす「髪飾り」のようだと評する。

ピンクボールを見上げる平敷キミ子さん=浦添市当山区

ツバキを手に取る平敷光弘さん、幸子さん夫婦

ピンクボールを見上げる平敷キミ子さん=浦添市当山区 ツバキを手に取る平敷光弘さん、幸子さん夫婦

 また近所の平敷光弘さん(74)宅には久米島在来の「久米島ツバキ」の赤い花が鮮やかだ。45年前、光弘さんが久米島出張の際友人から約5センチの苗木をもらった。現在は樹高が約4メートルにまで成長し頂の座も約3メートルに広がり「威風堂々」とした趣になった。見ごろは3月上旬ごろまで。(翁長良勝通信員)