沖縄・基地白書

沖縄・基地白書(23)「基地が攻撃された」鳴り響く爆発音とサイレン 住民おびえさせる即応訓練

2018年5月17日 06:25

◆第1部 被害 嘉手納町(6) 嘉手納町周辺の住民が「戦闘機の騒音や悪臭などとは、質の異なる負担」と感じる訓練がある。極東最大の米軍施設といわれる嘉手納基地が、ミサイルなどで攻撃を受けたことを想定した即応訓練だ。 「ドドーン、ドドーン」と大きな爆発音とともに発煙筒の煙に包まれる。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄・基地白書のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム