9秒でまるわかり!

  • 同性カップルの結婚を認める制度を那覇市が7月からスタートする
  • 市の職員は通称名が使用でき、職員厚生会は祝い金の贈呈も検討
  • 早期導入を求める声に応え、より早く制定できる市長決裁で導入へ

 「性の多様性を尊重する都市・なは(通称・レインボーなは)」宣言した那覇市は、同性カップルを結婚と同等の関係と認める「パートナーシップ制度」を、「ピンクドット沖縄2016」が開催される7月17日をめどにスタートさせる。また同制度に加え、市独自の取り組みとして市職員で通称名の使用を希望する場合は、辞令交付などの行政処分にかかる場合を除き許可していく方針。

ピンクドット沖縄実行委員会から那覇市に寄贈された「レインボーフラッグ」

 22日の市議会定例会で、久場健護総務部長が前泊美紀氏(無所属の会)に答えた。市は昨年7月の「レインボーなは宣言」以降、性的マイノリティーへの理解を深める取り組みを実施し、パートナーシップ制度の導入に関する施策を検討してきた。当事者から「存在が社会的に容認されると感じられ、精神的な支えになる」と早期導入を求める声があり、議会事項ではなく、市長決裁でより早く制定できる要綱で導入する方針を固めた。

 対象者や証明書発行の有無など具体的な中身については、当事者団体と意見交換しながら決めていく。

 市はまた、パートナー宣言した職員に対する、市職員厚生会からの結婚祝い金の贈呈についても、同会評議員会内で協議していく。 久場部長は「当事者に寄り添い、スピード感を持って実施したい」と決意を込めた。