1995年に製作された沖縄戦映画「GAMA 月桃の花」の上映会が21日、那覇市のタイムスホールで開かれた。2回の上映で計約200人が来場。73年前の壕の中で、住民が日本兵に銃を向けられたり、「集団自決(強制集団死)」に追い込まれたりする場面にすすり泣きが漏れ、平和の尊さを改めてかみ締めた。