名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前には21日、「島ぐるみ会議いとまん」など、新基地建設に反対する市民ら最大で約140人が集まり、座り込んだ。稲嶺進前名護市長や沖縄平和運動センターの山城博治議長も参加。山城議長は「私たちは戦争ではなく、東アジアの平和を求めている」と訴えた。