【東京】島尻安伊子沖縄担当相は23日午前の閣議後会見で、夏の参院選の公示日を沖縄の「慰霊の日」にあたる6月23日とする日程案について「沖縄にとって『慰霊の日』は鎮魂の1日であり、大事にしていきたいと思う」と述べ、公示日になじまないとの認識をあらためて示した。

島尻安伊子沖縄担当相

 また、こうした認識が政府内で共有されているかの質問には「理解いただいていると信じている。理解していただけていないのであれば、理解していただけるよう努力したい」とした。