女性議員の任期中の出産に関する全国調査が行われるなど、議員活動をしながら妊娠・出産できるよう求める動きが高まっている。昨年は熊本市議が子連れで議場に入って議論を呼び、北谷町議会では新たにできた「産休」規定を利用して議員が出産した例も。