9秒でまるわかり!

  • 新垣哲司県議(自民)が議会質問の最後に「天皇陛下、万歳」と発言
  • 1999年にも同じ発言をして議会が1日空転したが、今回は注意なし
  • 6月に勇退する新垣氏は「議員生活最後の質問。卒業式の気分だ」

 沖縄県議会2月定例会の代表質問初日の23日、野党会派自民党所属で6月に勇退する新垣哲司氏が質問の最後に「天皇陛下、万歳」と発言し、数人の県議と傍聴人が万歳三唱をする場面があった。

新垣哲司氏

 与党内で発言を問題視する声も上がるが、県議会の規則で明確に禁止された行為ではなく、議長からの注意もなかった。

 新垣氏の「天皇陛下万歳」は2度目。稲嶺県政与党の新進沖縄所属だった当時、1999年の6月定例会一般質問で同様の発言をした。当時の野党は「議会の秩序が保てない」と反発し、丸1日議会が空転した。

 当時の議長が「このような行為は円滑な議会運営の面から慎んで」と注意したが、新垣氏は「万歳を唱えることが不適切とは思えず違反でもない」と反論。議長判断で議事が再開された。

 今回の発言を受け、与党は代表者で対応を話し合ったが結論は出なかった。ベテラン議員の1人は「規則の想定外の行動なので扱いが微妙だ」と本音を明かした。

 新垣氏本人は「40数年の議員生活最後の質問。天皇陛下が国民を思い、日本が世界に貢献し、沖縄が発展するよう万歳を唱えた。卒業式のような気分だ」と話した。