内閣府の男女共同参画会議「女性に対する暴力に関する専門調査会」(会長・辻村みよ子明治大教授)は23日の会合で、財務事務次官のセクハラ疑惑に関し「セクハラは男女が互いの尊厳を重んじ、対等な関係づくりを進める社会の形成を大きく阻害する。あってはならない人権侵害」との緊急声明を発表。同省の対応には批判も相次いだ。国会内では抗議の緊急集会が開かれた。

 国会内で開かれた「セクハラ被害者バッシングを許さない」とする緊急集会で、「#WithYou」(「被害者に寄り添う」の意)と書かれたメッセージを掲げる参加者=23日午後

 専門調査会は、学者や弁護士らで構成。委員からは、財務省が事実関係の調査を委託した先が同省の顧問弁護士であることや、被害者に名乗り出るよう求めたことに「被害者保護の原則が守られず、心底がっかりだ」など批判が相次いだ。(共同通信)