「集票の取り組みが甘い。選対の態勢が弱すぎる」。総決起大会前日の11日、市議団や経済界、選対顧問団が参加した桑江氏の「拡大役員会議」で翁長政俊県議がげきを飛ばした。目標の3分の1にも満たない集票カードに選対の楽観ムードが顕著に現れていたからだ。