【トロント共同】カナダ・トロントで開催された先進7カ国(G7)外相会合は23日、共同声明を発表し、北朝鮮が表明した核実験場廃棄や核・ミサイル発射実験凍結を「非核化に向けた第一歩」と歓迎した。一方で、意味ある交渉のためには北朝鮮による具体的行動が必要として、最大限の圧力を維持する方針を示し、結束をアピールした。昨年に続き、北朝鮮に拉致問題の即時解決も要求した。

 23日、G7外相会合の記念撮影の合間に握手を交わす河野外相(右)と英国のジョンソン外相=カナダ・トロント(ロイター=共同)

 ジョンソン英外相によると、ロシアがシリアやウクライナの情勢を不安定化させ、他国の選挙に介入しているとして、ロシアに対する監視強化のための作業部会設置でも合意した。(共同通信)