沖縄タイムス社は20~23日にかけ、子どもの貧困の解消を支援するために創設した「沖縄こども未来プロジェクト」に賛同する8法人と個人31人からの申し込みを新たに受け付けた。サポーターは計44法人、89人となり合わせて133件となった。

 新たに受け付けたのは、うえむら病院、サウンドオフィス名城、野原歯科医院、琉球ガラス村、あいレディースクリニック、クレド、HT、ローズガーデンの8法人。

 個人は新崎盛文さん、岩瀬美奈子さん、新垣香太さん、伊集奈月さん、住吉茂雄さん、中村強士さん、金城美穂さん、玉城陽平さん、野村善太郎さん、照屋林現さん、具志堅佳子さん、比嘉純朝さん、宮城さやかさん、萩原祥子さん、足立信一さん、足立恵美子さん、新屋尚子さん、下地加寿子さんら31人。

 一般の支援金として、EFC沖縄から2万円、ターミ企画から5千円、匿名希望者から1万5千円もそれぞれ受け付けた。

 法人サポーターは1口、月額1万円、個人サポーターは1口、月額千円。申し込みはメールでも受け付ける。法人名または氏名、住所、連絡先などを明記の上、次のアドレスまで。kodomomirai@okinawatimes.co.jp