沖縄ハム総合食品(読谷村、長濱徳勝社長)と、もとぶウェルネスフーズ(本部町、同社長)は23日、県庁で会見を開き、同町のシークヮーサーを使った新商品「おきなわぽん酢」を発売したと発表した。

新商品の「おきなわぽん酢」=県庁

新発売の「おきなわぽん酢」をPRする沖ハムの長濱社長(左から2人目)ら=23日、県庁

新商品の「おきなわぽん酢」=県庁 新発売の「おきなわぽん酢」をPRする沖ハムの長濱社長(左から2人目)ら=23日、県庁

 健康維持や美容にいいとされる「ノビレチン」を多く含むシークヮーサーの果皮に着目。果汁を搾った後の果皮を醸造酢と合わせて搾った「シークヮーサー抽出酢」を原料としている。

 抽出技術は県農業研究センターが開発し、商品開発でもとぶウェルネスフーズが全国で初めて活用した。

 同社は年間販売目標を1万本とし、約5トンのシークヮーサーを使用する予定。土産品店や同町の「もとぶかりゆし市場」で販売しており、今後は量販店や通信販売での取り扱いも予定している。

 長濱社長は「鍋やサラダ、魚料理など幅広く使うことができる。シークヮーサーの香りや味などを多くの人に知ってもらいたい」と話した。

 希望小売価格は510円。問い合わせは沖縄ハム、フリーダイヤル(0120)881300。