沖縄トヨタ自動車(野原朝昌社長)は23日、沖縄タイムス社が提供する新聞の読み方講座を浦添市の本社で開催した。新入社員研修の一環で、同社と関連会社の若手社員28人が参加した。新聞から情報を得る方法や、記事を参考に「5W1H」を踏まえた文章の書き方を学んだ。

気になった記事を紹介しあう受講者ら=23日、浦添市の沖縄トヨタ自動車

 沖縄タイムス社読者局の仲間勇哉NIB担当は「新聞には身近な話題が載っていて、幅広い分野の記事を一覧できる」と説明。「経済の動きや地域の話題を知って仕事に生かしてほしい」と提案した。

 受講した佐伯波音さん(23)は「これまで新聞を読んでも、あまり頭に入ってこなかった。見出しとリードで内容を理解するこつを教えてもらったので、これからはうまく読める気がする」と話した。