【浦添】浦添市議会(島尻忠明議長)は23日、臨時会を開き、2017年10月に東村高江で発生した米軍ヘリコプターの不時着・炎上事故で、米軍が事故後に現場から持ち去った土壌が浦添市の牧港補給地区(キャンプ・キンザー)内に保管されていることに関する意見書と抗議決議の両案を全会一致で可決した。