【八重瀬】町志多伯の獅子頭は約300年間、集落の信仰を集める。沖縄戦で失われたが、彫刻に長じた地元の神谷房吉さん(1900〜73年)が作り直した。その「守り神」に、糸満市の会社員、志多伯獅子舞棒術保存会の神谷尚希さん(41)=町志多伯出身=は救われたのかもしれない。