2016年12月に返還された米軍北部訓練場の跡地で、絶滅危惧種のヤンバルホオヒゲコウモリを捕獲したと、京都大学チームが23日、発表した。沖縄で確認されるのは22年ぶり。チームは「沖縄では絶滅したか不明だった。保護や生態系保全に重要な意味を持つ」とした。