聴覚障がい者向けの文字通訳事業のアイセック・ジャパン(沖縄県うるま市、一瀬宗也社長)と手話通訳サービスのシュアール(東京、大木洵人代表)は24日、合同会社シーコミュを立ち上げた。字幕電話サービスを開発するほか、字幕と手話を組み合わせて遠隔で聴覚障がい者と健常者との会話をつなぐサービスを提供する。

合同会社シーコミュのロゴをPRする一瀬社長(右)と大木代表=24日、県庁

 アイセックはリアルタイムで文字通訳するサービスを手掛けており、佐賀県武雄市議会や講演会、大学の授業などで取り入れられている。シュアールはテレビ電話を使い、手話通訳者が聴覚障がい者と健常者の会話を橋渡しするサービスを提供。金融機関や医療機関の窓口、駅など1100カ所に導入されている。

 シーコミュは、両社のサービスを組み合わた商品を売り出す。字幕電話は、電話での会話をタブレット端末に字幕で表示する。来年4月の実用化を目指して開発する。

 一瀬社長は「日本では初めてとなる字幕電話サービスを沖縄から提供していきたい」と抱負を述べた。大木代表は「手話と字幕の組み合わせでサービスを充実させ、聴覚障がい者の選択肢を増やしていきたい」と話した。