7月予定の参院選から始まる18歳からの投票は、1945年の法改正でそれまでの「25歳以上」から「20歳以上」に変更されて以来、71年ぶりの引き下げとなり、日本の政治制度の大きな転換点となる。