沖縄市照屋の給食センター第1調理場が作った給食に異物混入の疑いがあったとして、市内小学校6校の給食を一時止めていたことが24日分かった。職員が同調理場で使っている器具「さいの目カッター」の洗浄中、刃の一部がへこんでいるのを確認。器具を使って調理したメニューの配食を取りやめた。児童への影響はなく、へこみの原因については調査中。

 市教委によると肉じゃがの調理の際、材料のジャガイモをカッターでさいの目に切っている最中にへこんだとみている。市教委は「異物混入の可能性も否めないことから、肉じゃがの配食をやめた」と説明。配食が止まった小学校6校には、リンゴを追加メニューにして対応した。

 市教委は同日、県教委にい経緯を電話で報告。25日には6校の保護者に対して文書で概要を通知する。