オリオンビール(浦添市、與那嶺清社長)は24日、沖縄タイムス社が提供する「新聞の読み方講座」を本社で開いた。新入社員9人が、効率的な記事の読み方や経済面の特長などを学んだ。

真剣な表情で紙面を読む受講者ら=24日、浦添市のオリオンビール本社

 タイムス社編集局政経部の島袋晋作記者が「第1段落に記事の重要な要素が詰まっている」と効率的な読み方について説明。経済面の新企画の特徴も説明し「読んだ人の気づきにつながってほしいと紙面を作っている。知識を増やして、ぜひ仕事に生かしてほしい」と期待した。

 受講した量販部に所属予定の島袋有弥さん(22)は「新聞には情報が詳しく載っていると学んだので、効率よく読みたい」と話した。