2018年(平成30年) 5月24日

沖縄タイムス+プラス ニュース

セミナー参加申し込み、半数が海外から 沖縄空手国際大会

 8月1日開幕の第1回沖縄空手国際大会の実行委員会第3回総会が24日、豊見城市の沖縄空手会館であった。本番まで100日を切り、機運を高めた。

100日を切った大会開催へ向け、富川盛武副知事が委員に支援、協力を呼び掛けた=24日、豊見城市・沖縄空手会館

 23日現在、競技への参加申込者数は42カ国・地域から1202人がエントリーし、うち海外は566人。また、1人最大四つのセミナーが受講可能な沖縄空手セミナーには延べ2098人が申し込み、うち1673人が海外。締め切りは今月いっぱい。

 県が主体となる国際大会の開催は2009年の沖縄伝統空手道世界大会以来。県空手振興課は、参加者が09年大会より大幅に上回っていると報告。実行委副会長の富川盛武副知事は「空手発祥の地・沖縄で開催するにふさわしい大会としたい」と委員に支援、協力を求めた。

【全沖縄少年少女空手2017】輝くあなたが写っているかも!

 

 「沖縄タイムス フォトギャラリーDL」では、本紙が取材した大会の写真219枚をご覧いただけます。紙面に載らなかった写真も多数! 輝くあなたや家族、友人が写っているかも。がんばった証しに、仲間との思い出に、チェックしてはいかがでしょうか?

 >> https://okinawa.epitas.com/

 

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間