【東京】新基地建設に伴う護岸工事着手から1年となることに、菅義偉官房長官は24日の記者会見で、「日米同盟の抑止力の維持と普天間飛行場の危険除去を考えた時、辺野古移設は唯一の解決策だ」と述べ、従来の見解を繰り返した。